book

「もっともてなくなって再登場!」

帰ってきたもてない男 / 小谷野敦 何の気なしに読んでみたらものすごく面白かった! 今年読んだ本の中で「NHKにようこそ!」(原作の小説のほう)と並んでおもしろさ最高ランクに位置づけられます.おすすめ.内容は,話題の「出会い系体験記」の他,「もて…

「自由と保障」 ーベーシックインカム論争トニー・フィッツパトリック 武川正吾, 菊地英明(訳)ベーシックインカムについて全然知らなくて,分かりやすそうなのが出たので買ってみました.買った後,赤川学先生と大沢真理先生のトークを見てみようとおもってh…

教養としてのロースクール小論文―講義録 / 浅羽通明浅羽通明が小論文の参考書を出したということで立ち読みしようと思ったら,非常に面白そうなのでつい購入してしまった. かなり分厚くて内容も充実しているのに2100円と安いし. ロースクールの小論文…

心を商品化する社会―「心のケア」の危うさを問う / 小沢 牧子,中島 浩籌(→amazon) この前話題にした小沢健二のお母さん,小沢牧子さんの新著.面白かった.斉藤環氏が批判的検討をしているらしいのでそっちのほうも見ておきたい.

ニート -フリーターでもなく失業者でもなく- / 玄田有史,曲沼美恵 (→amazon) いつのまにかもう発売されているみたいなんで近く買ってこようと思います.

企業中心社会を超えて / 大沢真理 (1993)たいへん有名な本ですが絶版になっていることもあり未だ読んでいませんでした. 成人の生活時間の総計を見ると,収入を伴う労働には57%,家事育児などの収入を伴わない労働には28%の時間が費やされている.ここで,収…

香山リカ「就職がこわい」

この前読了したけれど,読書メモを書かなかったのでもうすこし書こうかな.「あんまり悩んだり気負ったりしないで、気楽に、気軽に就職活動やってみればいいんじゃない?」というのは非常に妥当なメッセージだと思うのですが,この本のあとがきに何気なく書…

若者が<社会的弱者>に転落する / 宮本みち子 (→amazon) 2002年の本で,微妙に乗り遅れて読んだ感がありますが.山田昌弘の「パラサイトシングル」とかの家族系の話と,「ポスト産業化社会」とかの社会系の話を一般向けにわかりやすく接続して論じたって感…

過労死・過労自殺の心理と職場 / 大野正和 (青弓社ライブラリー27) (→amazon) 読みやすく面白い本の揃っている青弓社ライブラリーから去年出ていたもの.多くの人が長時間労働をしていても,どうして過労死・過労自殺にいたる人とそうでない人がいるのか,…

スローな働き方と出会う / 田中 夏子,杉村 和美 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/9/0010710.html 岩波の新刊だそうで今度見てみようと思います.ワーカーズコレクティブ的な内容だと思う.

酒井順子という人の「負け犬の遠吠え」(→amazon)という本がなんだか流行っているそうで.AERAでも「勝ち犬負け犬」みたいな特集がされていた. どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです。 のようなことが書いてあるら…

渋谷望という人の『魂の労働』(→amazon)という本が今話題らしいので読もうと思います.アマゾン品切れしてますが.

「新卒無業。 -なぜ、彼らは就職しないのか-」 リクルートワークス研究所 所長 大久保幸夫(編著) (→amazon) まだ全部は読んでいませんが,非常に面白い.リクルートが出した本だというのがとてもくやしいけれども.今の大学生は昔の高校生のレベルだ,昔で…

13歳のハローワーク / 村上龍 幻冬舎 (→amazon) 実家にあったのでパラパラめくってみる.肝心の職業紹介は一つ一つが短いし中途半端な感じであまり実用的ではないのではないかと思いました.しかし最初と最後にある読み物みたいな部分は,「スキルが必要だと…

「労働経済白書 平成15年度版」 / 厚生労働省監修 日本労働研究機構編 おもしろそうだったので購入. 「きめる!センター化学1B」 / 照井俊 わかりやすそうで安かった(900円)ので購入.

就職四季報

http://job.toyokeizai.co.jp/intro/index.html こんな本があるのは今まで知りませんでした. 企業から広告料をもらわず情報を掲載し,「月平均残業時間」「離職率」「有給休暇消化率」などがわかる.自分の中での大きな疑問がかなり解消された感があります…

最近労働のことしか考えてません

川人博 「過労自殺」 岩波新書 1998 (→amazon) アマゾンマーケットプレイスで安かったので購入.届いて即読了してしまった.この本はこれから働こう,就職活動しよう,と思う人は全員読むべき著作だと思いました. 超長時間労働と過重な責任のもと抑うつ状態…

知って得するフリーター読本 -トラブル対応から脱フリーターまで- 金子雅臣,2002 (→amazon) タイトルは軽い読み物って感じですが,著者の金子氏は60年代からずっと東京都の労政事務所で労働行政に携わっていた方のようです.内容. 「七五三現象」というの…

全部無料でつくる行列のできるホームページ ISBN:4798104507 この本がアルバイト先で購入されていて,題名とかちょっとどうかと思いましたが少し見てみると意外とすごい本でした.はてなについても「アクセスアップの方法のひとつとして」載ってたり.グーグ…

「Aランクの論点」ってなに?

id:yoooneee氏がよく援用している「論点のランク」概念ですが,これってどういうものなのですか?魔骨*1の「1冊で合格シリーズ」というのを読んでいるのですが,なんの説明もなく欄外に「Aランク」とか書いてある.なんなのかわからない.「択一でよく問わ…

のだめカンタービレ5巻.id:idiot817:20030830も参照.4巻までは借りていましたが5巻を自分で買ってしまった.4まで読んでラブコメ的な,さわやかで軽いタッチの話だと思っていたらこのあたりからちょっと違うかも.不穏さを感じてしまう.いわゆる少女漫画…

借りて読んだ漫画

二ノ宮知子 / 「のだめカンタービレ」 (isbn:4063259684) 音大を舞台にしたピアノとオーケストラが沢山出てくる少女漫画. 音大,という設定自体がちょっと珍しくて面白いですが,それだけじゃなくて笑いもツボにはまるし,衝撃の展開もあって次が読みたくて…

下の方に書いた,[交換と所有]のめぼしい部分を読む.土屋俊「情報は誰のものか」という文章は,1990年の段階でのソフトウェアの著作権の話題が書かれていて,ソースコードはコピーして使用してよい,という結論が出ていてとても興味深いです.GPLってこの頃…

真砂図書館にて.(専門とはほとんど関係ない)レポート用. 大庭健 鷲田清一編 / [所有のエチカ] ナカニシヤ出版 2000年 (ISBN:4888485909) 鷲田清一 大澤真幸ほか / [交換と所有] 岩波書店 1990年 (ISBN:4000041002) まだ読んでませんが.「所有」って哲学…

基本民法1 / 大村敦志 (有斐閣) isbn:4641132674 大学生協書籍部が「有斐閣書籍15%オフ」だったので。2800円(定価)が15%オフで、さらに金券ショップで買った1000円分950円の図書カードで買っている*1ので実買価格は約2260円。 大村先生ファンを名乗れる…

//www.kashiwashobo.co.jp/pages2/pickup_books-sengoseronno.html">戦後世論のメディア社会学:isbn:4760123997 読みたい。

ドラムスクール日記vol.9

The ALL-AMERICAN DRUMMER 150 Rudimental SOLOS / Charley Wilcoxson LUDWIG MUSIC publishing company ISBN:9991769102 ドラムスクールの先生に勧められた本。洋書ですが特に言葉は書いてないので問題なし。100ページ近くにわたって16小節程度スネアを…

メディア論関係

ここ、まとまっていて読みやすそうな気も。 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/yamaguci/inet_lec/inet_frm.html 声の文化と文字の文化 / ウォルター・J・オング ISBN:4938661365 死に舞い氏に教えてもらった本。今度ちょっと見てみようかと思いました。

ユリイカ

id:chidarinnさんがこの前「立ち読みした」といっていた「Jポップの歌詞特集」は死に舞いの5.26のところに書いてあるユリイカのことなのかな。僕も後で見てみようと思います。しかし「Jポップ」っていう言葉も面白いです。Jなんとか、って沢山できてきてるし…

時間があったので何気なく駒場図書館に行って検索などしていて、発作的に借りました。 メディア論 - 人間の拡張の諸相 / マーシャル・マクルーハン 著 栗原 裕,河本仲聖 訳 ISBN:462202196x ナショナリズム論の名著50 / 大澤真幸 編 ISBN:4582452183 社会…