その後ひとり渋谷青い部屋に移動して「知りえぬvol.3」で「俺はこんなもんじゃない」というバンドを見ました。次の残響祭にぜひ出ていただこうと思ってお誘いも兼ねて。前回見た時よりも激しくなっていた気がしました。演奏の緊張感がすごくて、ほんとにすごくいいバンドだと思うので出てくれたらうれしいなあ。

でかいディレクトリも次の残響祭も、ノーザンショックが負っている役割・責任がこれまでになく大きいのではないかということを感じます。うまく踏み台として活かしていけるとよい、と思います。