、。,.

この夏は初めて論文の真似事のようなものを書かねばならぬのですが,「、」「。」の代わりに「,」「.」を使おうかな,などと求められてもいない,下らない事を考えています.

 論文が,世に出回る下らない文章と一線を画しているのは,まさにこの独特な句読点使いと,最後につける参考文献の羅列なのです.内容などはどうでも良いのです.ただその点さえ守られていれば,全ての文章は論文として認められる事でしょう.

つれづれなるままに日暮かごめ風に書いてみます.ほんとはそんなこと全くないでしょうね.

しかし独特のマニアック感が出るのではてなもこれで書こうかな,と思ってしまいます.飽きたらやめます.