セーフティネットとしての「紹介予定派遣」

紹介予定派遣とは,一定の派遣期間終了後に職業紹介することを予定して行う派遣制度で,6ヶ月や1年間派遣の後,本人と派遣先が合意すれば,派遣先に就職できる,というもの.

派遣期間中でも雇用保険社会保険への加入ができることが多く,労働時間が時間管理であり,将来にわたっての仕事の継続の保障もそれなりにある.

さらに,要件として,「会社勤務経験のある方」というのがつくことが多いようで,新卒採用と枠を争うことなくすみわけが出来る.

雇用が流動化,働き方が多様化している現在,このような形態の働き方がもっと拡充すべきだと思います.自分がこの形態で働くとしても魅力的だと思うし,仕事をやめたときのセーフティネットとしての役割も非常に心強い.