気付くと最近1日4時間*1週5日勤務していて,これが今後も続くようなら週20時間労働者になる.在宅の仕事もしているので月10万円前後の所得があることになる.現在は両親から仕送りをもらっているのですが,大学卒業後自活するにあたって家賃2万円のところに引っ越せばこの延長線上でも生活できるかもしれない.毎日ほぼ丸一日自由に使える生活.

http://www.asahi.com/health/insurance/TKY200401150358.html
結局先送りになってしまった案ですが,これが現実化していたらたったこれだけの労働で毎月約4500円を支払って厚生年金にはいることが出来たのか,と考えるとこの案が相当に思いきった提案だったことがわかりました.反対されるのもわかる.

日本でパート労働者に年金をあげられるようにするにはまずはいろいろ意識改革とかが必要なんだろうなあと思います.「正社員こそが正しい働き方」「バイトで生活するフリーターなんて社会悪」というイデオロギーを変えていかなければ.

むしろ本当は反対で,現在日本の企業の上の方にいる高給取りこそが日本の足を引っ張っていて,フリーター,パート労働者こそが日本を支えていると思います.まあ上の人も若い頃は給料低くて,やっと給料上がってきたと思えば今度はリストラされているから相当大変なのですけど.


あと若者に多いと思われる「年金なんて信用できないから払いたくない」というニーズについてはどう考えればいいのだろう.その気持もわかりますよね.国民年金と厚生年金で毎月2万円とられる,とかそうとう額が大きい.


*1:午前6時から10時