小売業といえば

リクルートも「リテールマーケティング」などと呼び方を変えて小売業のよさを宣伝していましたが,リクルート社が労働市場に持っている影響力というのが最近ほんとうに大きく感じられてきました.「ガテン」という雑誌とかもああいうタイプの仕事をオシャレにかっこよい印象に変えようとしている,って言う感じで象徴的.

しかしそんななかで「リクナビ」からは今の労働経済を見据えた雰囲気がほとんど感じられないのは問題だと思います.

リクルートワークス研究所は「正社員の終焉」などと提言して(http://www.works-i.com/proposal/200401.html)「労働市場の流動化」を全面に出していますが,「リクナビ」から普通にエントリーする限りそんな言葉は全然見えない.詳しく見ていくと「お役立ち」というコーナーに研究所からのhttp://www.rikunabi2005.com/CNT5/HOUKAI/index.htmlこういうページもあったりするのですが,こんなページ見ている人はあまりいないんじゃないだろうか.

やはりクライアントの企業の建て前とかもあるんだろうか.正社員募集するのに「正社員の終焉」とか言われたら困りますもんね.