労働・雇用を考えるキーワード

渋谷望(千葉大学文学部助教授)

この先生が「魂の労働」の著者で,「世界」3月号で小泉社会保障改革を「J改革」と呼び,今週の日曜にはサウンドデモでシンポジウムを行うと.注目.シンポジウム見てこようと思います.

魂の労働は未読ですが,世界の3月号の文章は見てみました.比較福祉国家論の話などまったく知らなかったので勉強になる.

「福祉を充実させれば甘える者が出てモラルハザードが生じる,というのはあまりにも単純な思考パターンである。端的にいえば人を信じるべきでないということなのだ。」という趣旨の部分にはわりと共感します.

福祉をどういうふうにすればいいのかは自分にはわからないとしか言えないのですが,またまたSPA!のことを書くと「公的給付をしゃぶりつくす」「労働時間調整のさぼり術」のような特集がされていて,むしろ保守の側の方が甘えてフリーライドしているようにも思える,ということはとりあえず言いたい.