若年世代の超長時間労働

若年世代の「正社員」の一部で超長時間労働が絶対起こっているはずだと睨んでいたのですがこれまで統計的証拠を見つけられなかった.今日やっと見つけた.玄田有史先生の本にちゃんと載っていた.

年間200日以上就業し、1週間に60時間以上働いている35歳未満の若者は約190万人にのぼる(総務省統計局「平成9年度就業構造基本調査報告」)。週休二日制に換算すれば、150万人のフリーターを大きく上回る人数の若者が、毎日、朝9時から一時間の休憩を挟んで夜10時過ぎまで働いている計算になる。 しかし、若者の長時間労働を問題としてとりあげたり、それが晩婚化の一因かもしれないと危惧する声は、ほとんどきかれない。

 -玄田有史仕事のなかの曖昧な不安」(2001,中央公論新社)(→amazon)-

「過労死」の認定基準は1月に所定外労働時間がおおむね80時間を超えている場合なので*1,1月4週とすれば週60時間労働はその基準に達している(所定内40時間,所定外20時間なので).

死んだら「過労死」が認められる余地がある若者が日本に200万人近くいる,ということ.これは驚くべきことだと思う.

(上記のフリーターのデータは少し古いのでいちおう補足すると,2003年度にはいわゆるフリーターは約200万人に増加しています.)

*1:http://homepage2.nifty.com/karousirenrakukai/7-10=q&a35(new).htm