渋谷のサウンドデモに行ってきました.

始まるまでぼんやりしていたら,どこかの団体の方が声を掛けてきて,「マルクス主義についてどう思う?」とか質問されて話していたら,他の団体の人が「そういう激しいオルグはここではすんなよ。」とか言ってきてとてもダイナミックだった.
マルクス主義についてどう思う?」「そういう激しいオルグはここではすんなよ。」とても名台詞だと思います.

14:00からのシンポジウムもとても面白かった.
渋谷望松沢呉一矢部史郎の三者対談でトイレ反戦落書きの話,今日のデモの話などから始まり,すが秀実が登場して映画「レフトアローン」の話など.

新潟大学で上映したら,終わったあと学生が,『西部邁が出ているので見に来ました。僕達小林よしのりが大好きなんです!』と言っていた。」

というのが面白かった.「若者の右傾化というのはこういうことかと実感した。やっぱり右の方が過激にみえるんですかねえ。ほんとうはおかしいことですが。」とのこと。*1

次に,この前にあったエロマンガで逮捕者が出た問題など.山本夜羽音さんという漫画家の方などが登場.「ブログを書いてるので見てください」といっていて,はてなだったのでおどろいた.id:johanneさんだそうです.

エロマンガは作者は性器まで全部書き込んでいて,編集者が白く修正している,というのは初めて知りました.編集者は「こちらで微調整するので,とりあえず全部書いちゃっといてください」というスタンスらしい.
それで消しが甘かった場合に作者まで逮捕されるのはおかしいのではないか!とのこと.へえーへえー.

「青少年の保護は都道府県の条例によってゾーニングなどによって行うのであって,刑法上の「わいせつ」に「青少年の保護」という観点をからめるのは法理論上おかしい」「そもそも『エロだから規制もやむをえないよね』とみんな思っているかもしれないけれどもそんなことは全くないのです。」というのはまさにその通りだと思います.

その後,いろんな団体の方がちょっとずつ自分の団体の主張をする,というコーナーになり,山形大学の学寮の方や,フリーター労働組合をつくろう!という方などが登場し,とても興味深い話を聞けました.


で,サウンドデモが開始.今回は短かめのコースだったようです.機材が不調だったのか音が止まったりもしていましたが非常に楽しかった.小西氏が終始両手を突き上げてノリノリだったのがとても格好良かった.途中でid:Hoshino氏,id:poji_s氏と合流.最近その場の人が全員はてなダイアリー書いてる,というシチュエーションがすごく多い.

帰ってきたらid:beko5963:20040222さんがサウンドデモについて書かれており,そっかあそれはそのとおり,と思いつつも,サウンドデモは必ずしも「派兵反対」のために参加するものではないのではないか,とも思いました.実際シンポジウムの人の一部は「派兵」以外の問題を訴えるために来ていたわけだし.

あーでも「派兵反対」が一番に掲げられているところに参加するのにそういうこと言うのは言い訳になるのかなあ.わかりません.

僕もイラクに自衛隊が行くのには反対していいのか賛成していいのかわからない,という立場ですが,「路上で音楽をかけて踊れる日があってもいいじゃないか」「なにか不当な目にあったときには勇気を出して声を上げよう」というのには基本的には賛成なので参加しています.


*1:ちょっと内輪の話になりますが,この「若者の右傾化」などについてとある人に伺ったインタビューを載せている「響苑」2号はやはり増刷して流通させなければならない,と思いました.ちょっと名前を出していいのかわからないので今伏せていますが.