とある大銀行に「若手行員とお話する機会」を設けてもらう.

この催しの意味がわからなくて,率直に「この催しの趣旨はなんですか?」と聞いてみたのですが,「就職活動をされているみなさんに当行のこと,銀行業務のことをもっと知ってもらおうという試みです」と建て前を述べられる.その割には次回の面談予定を決めるのはなんなんだ.


聞いた話のうちでこれまで知らなかったこと ()内は思ったこと

  • 法人営業のやり方は支店によって異なるが,一人で一括して一社を担当するやり方と,二人一組で会社回りと内部報告書作成を分担する方式の2通りがある. 
  • 支店は20時に閉まるので20時に帰る. (まあ原則的にはそんなものかもしれない)
  • いわゆる職務分掌はそれなりにある模様.(まあでもこのあたりの感覚は実際に働いてみないとさっぱりわからない.)
  • 東京採用が100人としたら北海道とか福岡とか大坂とかそういう遠方勤務になるのは5人程度.多くは東京近郊で働くことになる. (率直に受け止めればすごく少なく感じるけれどほんとうなんだろうか)