「人々の悪意を煽るサイト」、1月以降に急増
 http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040510205.html

米サーフコントロール社が5日(米国時間)発表した報告によると、人種差別を礼 賛したり、反イスラムなどの主張を掲げたりする暴力的なウェブサイトが、今年1月以降、26%増加し たことが分かった。2003年は1年間で30%増加したのに対し、年明け以降は急速に増えている。イラク 戦争やテロの増加など世相を反映しているとみられる。

Kawaura's Interspace/sobokuより.