「休暇中も職場と連絡」 米国人の3分の1 以上
 http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200406130003.html

働く米国人のうち3分の1以上は、休暇中も職場と連絡を取り合う意思のあることが、米オンライン求人サイト「キャリ アビルダー・コム」の調査で明らかになった。

欧米では日本などに比べ「休む時は休む」風潮が徹底していると言われるが、通信手段 の発達によって職場の雰囲気も様変わりしているようだ。

米国の管理職には日本的経営が浸透していて過労死もあるらしいし,そんなもんなんでしょう.(ちなみに過労死という現象が見られるのは日本と韓国におけるほぼすべての業種職種,アメリカとドイツのエリート管理職,だけであるようだと言われています.)