書けるのか?

波状言論13号のチャーリー氏の文はどこか参考になるかもしれない.

「ライフコースの選択が自己へと帰責されるような、再帰的な社会状況」

・前近代 「仕事」と「家・生まれ」は不可分に結びついていて選択の余地なし
・近代・高度成長期 「仕事」は「将来の成功・右肩上がり」のため
・現在 「仕事」をする動機付けって明確なものがあまりない. だから「仕事」そのものに再帰して「やりがい」「本当にやりたいこと」という概念を出してきて「仕事をやる理由」を調達するしかない.