http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20040918がおもしろいと思いました.

児童買春の被害者に「被害者意識」が希薄だ,という話.宮台関係の論争とも関係しているのでしょう.

被害者の被害者意識、感情によって加害者に課される量刑が動きがちだけれど,「被害」というものは,「痛い・辛い・悔しい」といったような一時的な感情のことではないのではないか.被害者に「被害者意識」などというものが希薄だからといって加害者の量刑が軽くなることはおかしいのではないか.

って感じに理解したのですがこれであっているのかな.