データ分析をしてみると,僕の予想していたことは全く示せなくて困りました.
こうすればきっとうまくいくはずです、という「今後の課題」で締めくくられる論文となりそうです.