日記的なことを最近あまり書けていませんが,ぜひとも今後も書きたいとは思っています.

とりあえず今日,大学の卒業要件を満たしていることがわかってよかった.今年から大学院生です.

先週いっぱいで仕事を退職して,今週は進学先の院の事前指導に通っています.

進学先は,高校のころの雰囲気に非常に近くて,懐かしい感じさえする.そもそも「朝から夕方まで講義形式の授業を受ける」というのが高校っぽい.学部ではゼミ形式,ミーティング形式にばかり出ていたので.

そういう形式面だけではなく,高校では「こいつらをいかにたくさん東大に入れるか」というゲームの駒として扱われている感覚でしたが,院ではそれが「こいつらをいかにたくさん国家試験に受からせるか」に置き変わっただけ.そういうのは僕はけっこう嫌いじゃないです.あと「ドイツ語は全員当然わかるよね?」「『権利のための闘争』は全員読んでいると思いますが」などと教授が言ってみんなが苦笑する感じとか,すごく似ている.