読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題点はやはりリズムとアレンジにあるのではないかと思った.原型の作詞作曲はこれでよいのだと思う.「工夫した音階」というのは何を指しているのか自分でも分からないけれど,現状みんな手癖でやっているのでルートに対して鳴っているテンションのバリエーションがいつも同じ.音の並びも似ている.リズム的にも頭拍を埋めている場合が多い.歌メロの合間を縫うように埋めていくようなウワモノ楽器にしたいと思う.
リズムと音色が現状なんだかヘナヘナしているのを,もっとパキっとさせたい.
しかしこれは高校のときくらいからやりたいとは思っていたことではあることではある.できてないのが情けない.なかなか出来ることではないのでしょうが.
修行したいです.