「新卒無業。 -なぜ、彼らは就職しないのか-」 リクルートワークス研究所 所長 大久保幸夫(編著)
(→amazon)

まだ全部は読んでいませんが,非常に面白い.リクルートが出した本だというのがとてもくやしいけれども.

今の大学生は昔の高校生のレベルだ,昔であればホワイトカラーを志望する人と現業を志望する人のバランスがそれなりにとれていたのに,今はホワイトカラー志望者が増え過ぎている,という指摘は非常に身に沁みる,という感じです.
昔よりはるかに簡単に入学できる大学を出たからといってみなが「クリエイティブ」で「スマート」な就業ができるわけじゃない,ということをみんなもっと認識してもいいんじゃないかと思います.

もう一つ,全然知りませんでしたが高校卒就職のあり方,というのも今問題となっているらしいです.

大学推薦入試とおんなじようなシステムで企業に生徒が推薦されていくので,「あの企業との縁を切らないために生徒を無理に説得してでも毎年生徒を送らなければ」といったふうに学校の顔をたてること優先で生徒の職業選択の自由を奪うようなことが行われているとか.

この本に難くせをつけるとしたら,就職協定のことを書くならリクルート事件のことも書けよってことか.

といってリクルート事件についてはまだあまり知らないので近く詳しく調べたいと思っています.