ジェンダーフリーへのバックラッシュ

http://www.medical-tribune.co.jp/ss/2004-2/ss0402-2.htm

id:workshop:20040307さんのところで見かけた.今から読みます.読みました.ジェンダーフリー教育っていうのは難しい問題を持っているのは事実だと思います.男は青女はピンクというのは僕は普通に反対だけれど,ひなまつりを祝うことへの疑問,とかになると話はけっこう微妙になってくると思う.

自分が働き方に興味があるのもジェンダーフリーと関係してるのではないかと思っていて,「男が外で働いて女が家事をする」という構造はもちろんおかしいと思うのですが,それがさらに進んで「転勤したり長時間働いたりするのは『家のことを他の人がやってくれる』のが暗黙に前提にあるからおかしいのではないか」「女の人が”キャリア志向”でばりばり働くのは『ジェンダーにとらわれたくない』という理由が大きいのではないか」のように考えて,隙だらけの考え方に陥ってしまうのです.

しかしそもそもどうしてこういう風に考えるようになったのかはわからないですね.そういう教育を受けていたのだろうか.気付かないうちに.