日経新聞の社会面に載っていて知ったのですが,
米国では児童に向精神薬を処方する例が激増しているらしいです.

ADHD児のリタリン服用が米で100万人に」
 http://www006.upp.so-net.ne.jp/garumaru/medicine.htm

僕は一応心理系の勉強をしているのですが,これまで臨床のことは徹底してさけて通ってきています.非臨床の心理学とはそもそもそういうタイプのものだし,個人的にも臨床系はなにかと極めて困難だというイメージがあります.しかし現代そういっているわけにもいかなくなってきているという心情が最近あります.ごく個人的に周囲を見渡しても.とか書くとちょっとあれなのかもしれないですが.

メンタルヘルス問題を避けて「人間を考察する」ことは困難であると思いはじめています,という話でした.とかいって僕はまだ全然「人間を考察」できてないですが.