離職者662万人、去年は20万人減…厳しさは不変
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040803-00000111-yom-soci

昨年1年間に仕事を辞めた「離職者」は、前年より20万人減って662万人だったことが3日、厚生労働省の雇用動向調査で 分かった。

ただ、転職や新採用などで仕事を得た「入職者」に比べると離職者が7年連続で上回っており、依然として厳しい雇用情勢が続 いている。

調査は、5人以上の常勤労働者がいる1万538事業所を対象に実施。回答率は79%だった。