国民年金財源の話

結局国庫負担率を1/2に上げるということですが,民主党とかは完全に税財源化を主張していると.であげる必要はない,という意見もあると.
で増える負担には,消費税をあてるしかない,いや無駄をはぶけば消費税は上げなくても大丈夫なはずだ、などの主張もあると.

でこれらいくつかの方法に対して「この方法がいい.他はだめだ」とかちゃんと自分の意見がある人ってけっこういますけど,どれにすればいいとかかなり不可知なんじゃないかと思うんですけどね.「消費税あげなきゃ無理」,とか「あげなくても大丈夫」,とかなんで判断できるんだろう,というのが疑問.判断じゃなくてイデオロギーということか.それならわかるしいいと思うんですけど.

イデオロギーというとなんかよくない意味も入っているような気もしますけど,「政策を発表するということの象徴的効果」を重視するという姿勢ならとてもよいと思います.
たとえば配偶者控除と配偶者特別控除のうち,特別だけ廃止するのがほんとに優れた方策なのかはわからないけれど,とにかく廃止していく,課税の方法を改善していく,という政府の方針を行動をもって示したという意味で評価できるしいろいろ期待できる.