独大企業、週労40時間へ延長の動き・シーメンスなど
 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20040713AT2M1000612072004.html

【フランクフルト=池上輝彦】ドイツの大企業が労働時間の延長に動き出した。電機大手のシーメンスは国内2工場で週 35.7時間から40時間に延ばすことで労働組合と合意した。ダイムラークライスラーや商用車のMANも延長を模索して いる。欧州連合(EU)拡大で低賃金の中・東欧との競争が激しくなり、雇用維持のため国際的に短い労働時間の見直し を迫られている。

週労働時間がドイツと同水準であったフランスの動向が気になるところであると思われます.